【漫画家】さいとう・たかを、自身の名冠した賞の授賞式で「分業制作がマンガの本流になる」[18/01/12]

1サイカイへのショートカット ★2018-01-12 23:17:58

さいとう・たかを、自身の名冠した賞の授賞式で「分業制作がマンガの本流になる」

2018年1月12日 21:46 46 コミックナタリー

<img src='https://natalie.mu/comic/news/265014

フォトセッションの様子。左からビッグコミックオリジナルの平井副編集長、リチャード・ウー、さいとう・たかを、芳崎せいむ、担当編集の中山氏。

‘>

「アブラカダブラ 〜猟奇犯罪特捜室〜」1巻

さいとう・たかを

第1回さいとう・たかを賞の授賞式が、本日1月12日に東京・銀座の三笠会館本店 高千穂にて行われた。

一般財団法人さいとう・たかを劇画文化財団が創設したさいとう・たかを賞は、シナリオと作画の分業により制作され、成人男女を主な読者対象する優れた作品を顕彰するマンガ賞。審査員にはさいとうのほか、池上遼一、やまさき十三、小学館の相賀昌宏社長、作家の佐藤優が名を連ねる。栄えある第1回の受賞作品には、リチャード・ウー原作による芳崎せいむ「アブラカダブラ 〜猟奇犯罪特捜室〜」が選ばれた。同作は謎多き連続猟奇殺人事件を、若き刑事・鐘巻と伝説の名刑事・油小路のタッグが追うサスペンス作品だ。

壇上には受賞したリチャード・ウーと芳崎、同作を掲載するビッグコミックオリジナルの担当編集・中山久美子氏、平井真美副編集長が登壇。さいとう・たかをの手から正賞の「ゴルゴ13像」および賞状、賞金50万円が贈呈された。

まずはやまさきが、選考委員を代表して講評を述べる。やまさきは「最終候補に残った3作品すべてが甲乙つけがたい出来だった」としつつ、受賞作を「最新の科学・脳科学の知識を十分に吸収したうえで展開される緻密なストーリーと、思い切った俯瞰構図を取り入れるなど、斬新な作画とシナリオが融合し、完成度の高い作品を生み出している。作品・質・素材、そのどれもが新しい時代のマンガを期待させるものだった」と評した。

続いて登壇したさいとうは、「まず言っておかなきゃいけないのは、えーと……名前なんだっけ? なんとかウー。私はね、これが彼のことなんだって知らなかったんですよ」と断りを入れる。“リチャード・ウー”は長崎尚志のペンネームのひとつで、長崎はかつて編集者として「ゴルゴ13」の担当を務めたこともあるという経歴の持ち主。さいとうは「読んだ作品の中では、これが一番面白くなるんじゃないかと思ったんだけど、後で(リチャード・ウーの正体が長崎だと)聞いてびっくり」と驚きを隠さず、「ましてや小学館の作品だし、どうしてもひいきしたみたいに見えちゃうでしょ。だから後で『違うのにしときゃよかった』とも考えたんだけど、本当にこれが素晴らしい作品だと思っています。おめでとう」と賛辞を贈った。

挨拶に立ったリチャード・ウーは、「さいとう先生は私にとって、青年誌の師匠と呼べる存在。『ゴルゴ13』の担当をさせていただいた頃はまだ新米でしたが、先生は私の年齢やキャリアなど関係なく、同格のパートナーとして遇してくださり、それが非常にうれしかったことを覚えています」と当時を回想。「さいとう・たかを塾の出来の悪い塾生が、卒業証書をもらったような気持ちです」と喜びを語った。

リチャード・ウーとのタッグを組むのが、別名義も含めると『アブラカダブラ』で4作目となる芳崎は、彼の脚本について「映画『アマデウス』でたとえると、サリエリにとってのモーツァルトのようなもの。私がやりたいと思っていても形にできないものを、長崎さんが形にしてくださる」と述べ、「私自身、毎回『このお話、好きだな』という思いで描かせていただいています」とコメント。またさいとうが映画について語るインタビューを読んだことがあると言い、「そこに並んでいる映画のタイトルを観て、こういう作品が好きならきっと『アブラカダブラ』も気に入っていただけるだろうと感じていたんです。賞をいただけたことは、その思いが先生に伝わったようでうれしいです」と話した。

>>2以降に続きます。

2新人立て子@珍獣@サイカイへのショートカット ★2018-01-12 23:18:59

>>1

続きです。

担当編集の中山氏は「編集者までもが賞をいただけるというのは、一緒に作品を作る仲間として認めていただけたような気持ちでうれしく思うのと同時に、背筋が伸びる思いです」と語り、「面白いものを作ろうと真摯に作品に向き合うお2人が賞をいただけたことは、素直にうれしい」と笑顔を見せる。また「『アブラカダブラ』3集は3月に発売されますので、そちらもよろしくお願いします」と受賞作のアピールも忘れなかった。

さいとうは最後に「私はこの世界に入ったときに、これは1人でやる仕事じゃないって思ったんですよ。ドラマを考える才能と、絵を描く才能と、それらを構成する才能は、まったく別のものですから。マンガも映画制作みたいに集団でやらないといけない。その方が完成度の高いものができる」と改めて分業制作の優位と賞設立の理由を語り、「これからはこのやり方がこの世界の本流になると思いますよ」とマンガ界の未来を見据え、イベントの幕を閉じた。

なお一般財団法人さいとう・たかを劇画文化財団の特設ページでは、選考委員による最終選考会の会議録を公開中。受賞者と選考委員のコメントも掲載されている。

40名無しさん@恐縮です2018-01-12 23:31:49

>>1

ジジイなのにフサフサで腹立つw

4名無しさん@恐縮です2018-01-12 23:19:51

うすた京介「分業制にしてもアシスタントに残業代なんか払わないぞw」

18名無しさん@恐縮です2018-01-12 23:26:15

>>4

さいとう・たかをはアシスタントにたんまり

給料をあげているらしいな

本宮ひろ志のとこもアシスタントの給料がいいらしい

俺は絵が下手だからアシスタントに描かせて

俺はゴルフをやっていられる

俺は頭がいい!と自慢してたw

6名無しさん@恐縮です2018-01-12 23:20:07

この人は露骨に分業やってたな

脚本家二桁いるんだっけ

36名無しさん@恐縮です2018-01-12 23:30:17

>>18

板垣(バキ)や森田(ろくでなし)もたんまり払ってる

ボーナス出したり海外旅行連れていったり

54名無しさん@恐縮です2018-01-12 23:36:47

>>18

尾田のチープアシは年収1億

21名無しさん@恐縮です2018-01-12 23:26:31

ドーベルマン刑事の作画の人はジャンプの編集者に「原作付の漫画家は一人前と認めないから」と言われ続けたんだよな

37名無しさん@恐縮です2018-01-12 23:31:15

>>21

それを鵜呑みして原作から離れたのに

その原作が新人と組んで

爆発大ヒットさせてしまい新人に靴ペロを始める編集を見て

どう思ったんだろうな

25名無しさん@恐縮です2018-01-12 23:27:28

デスノートが絵が下手なガモウと話が下手な小畑で組んでそこそこ売れたな

39名無しさん@恐縮です2018-01-12 23:31:27

>>25

それよく聞きけどガモウが原作ってホントなの?

一体どこ情報なんだろ

何か証拠みたいなのあるの?

30名無しさん@恐縮です2018-01-12 23:28:41

将来はCDみたいに漫画が売れなくなって専業漫画家が激減するよ

35名無しさん@恐縮です2018-01-12 23:30:00

>>30

ソシャゲの1人勝ちになりそうだな

まさか漫画単行本の売り上げまで激減するとは

126名無しさん@恐縮です2018-01-13 00:06:43

>>36

引き抜き怖いから1000万以上出してるらしいね

46名無しさん@恐縮です2018-01-12 23:33:43

>>37

当時の不平不満を今、漫画にしてるからいいやん

74名無しさん@恐縮です2018-01-12 23:46:38

>>37

その原作者は原作は楽だって言っていた

原稿に「扉見開き荒廃した廃墟を見下ろす主人公」で2ページ分の原稿料発生だが、漫画家は見開きを細かく描かなくてはいけないと

47名無しさん@恐縮です2018-01-12 23:34:18

>>39

ネームで一話からばれる人にはバレてたらしいな

44名無しさん@恐縮です2018-01-12 23:32:54

黒目だけ入れるんだっけ?

53名無しさん@恐縮です2018-01-12 23:36:46

>>44

さいとう氏はほんとうは作画はスタッフに全部任せて自分はディレクター業だけに専念したいらしい

がスタッフの誰も恐れおおくてゴルゴなど主人公の作画だけはやりたがらない

だから主人公はさいとう氏が描いている

ちなみに下描きなしの一発ペン入れだった

45名無しさん@恐縮です2018-01-12 23:33:04

まぁ手塚が悪いんだな

196名無しさん@恐縮です2018-01-13 00:58:50

>>53

じゃあ、話の最後のコマだけゴルゴが出てきてズキューン!みたいな話がたまにあるけどあれが理想なのかなw

76名無しさん@恐縮です2018-01-12 23:48:15

>>54

チープじゃなくね

55名無しさん@恐縮です2018-01-12 23:37:20

>>50

それは本宮兄さんやぞ。

65名無しさん@恐縮です2018-01-12 23:43:00

世界ではとっくにそれが本流になってる。

69名無しさん@恐縮です2018-01-12 23:44:36

>>65

アメコミは元々分業だしな

日本の漫画みたいに一から十まで作家が作るというスタイルの方が異端

91名無しさん@恐縮です2018-01-12 23:52:21

>>74

漫画原作ってそこまで指定すんのか

75名無しさん@恐縮です2018-01-12 23:47:13

話と絵で分けるのは今も昔も沢山あるしそれはいいのだけど

ここで言う分業はもっと細かくシステム化されたものだろ

88名無しさん@恐縮です2018-01-12 23:51:44

>>75

今の原作付きでも

原作、人物作画、背景と仕上げ(アシスタント複数名、デジタルアシスタント)

既に分業してるとこが多い

あとわけるとしたらシナリオ、ネーム(下絵)、作画、カラーとかか?

無駄に経費が上がりそうだけど

85名無しさん@恐縮です2018-01-12 23:49:57

漫画を一人で書くとなると、映画だと、演者と脚本と監督とその他もろもろを一人でやるようなもんだからなぁ

90名無しさん@恐縮です2018-01-12 23:52:07

>>85

高橋ツトムはずっと一人で描いてるんだよな

106名無しさん@恐縮です2018-01-12 23:57:27

>>88

背景仕上げなんて分業って言わないだろ

それはただの作画の手伝い

107名無しさん@恐縮です2018-01-12 23:57:42

>>90

だからああいう作風なんだな

上手い手の抜き方を知ってる人だわ

101名無しさん@恐縮です2018-01-12 23:54:39

>>91

原作者による

つるべもっと面白いことを言うみたいな人もいれば

割ってくる人もいるし

ネームに近いものになってたりとか

108名無しさん@恐縮です2018-01-12 23:57:47

>>91

ドラマでいう脚本家みたいなもんだからね

154名無しさん@恐縮です2018-01-13 00:24:02

>>91

ヒカルの碁なんて酷かったな

109名無しさん@恐縮です2018-01-12 23:58:09

>>106

それも立派な分業だけど

110名無しさん@恐縮です2018-01-12 23:59:39

>>107

筆ペンで描いてたw

122名無しさん@恐縮です2018-01-13 00:03:18

>>109

その気になれば本人ができるが時間の無駄だから分けてるだけだ

ゴルゴの分業はそれぞれの得意分野の持ち主が集まることであってアシスタント制とは別だ

そうでなきゃこのさいとうのコメント自体がおかしいだろ

アシスタント制なんてやってない方が珍しいのに

これからは分業でアシスタント制になるとか意味わからん話になる

124名無しさん@恐縮です2018-01-13 00:06:03

>>122

背景に特化したアシスタントとかいるから

134名無しさん@恐縮です2018-01-13 00:11:16

>>124

それは単に手伝い内の上下関係

外注して初めて分業

139名無しさん@恐縮です2018-01-13 00:16:09

>>126

板垣のとこなんて10人もいるからね、主要人物は板垣画だと思うが、10人も抱える必要あるのかね?

130名無しさん@恐縮です2018-01-13 00:08:22

おはよう!って主人公が教室に入ってくるなにげない1コマでも机と椅子いっぱい描かなきゃならないなんて

アホらしくてやってられんよなw

133名無しさん@恐縮です2018-01-13 00:11:02

>>130

島本和彦乙

147名無しさん@恐縮です2018-01-13 00:21:29

>>139

余ってるから刃牙のスピンオフ描かせてるのかね

140名無しさん@恐縮です2018-01-13 00:16:25

ゴルゴの最終回は金庫に入ってるって言ってたし死んだら終わるつもりなんだろうか

144名無しさん@恐縮です2018-01-13 00:18:27

目以外も書いてますよアピしてたけど

以前他の漫画家の○○周年記念イラストに

ゴルゴの目だけ書いててワロタ

158名無しさん@恐縮です2018-01-13 00:27:10

>>147

スピンオフは元アシの漫画家じゃなかったっけ?

162名無しさん@恐縮です2018-01-13 00:34:00

デジタル化が進めばアシスタントなんてパートのおばちゃんでもできる仕事になる

165名無しさん@恐縮です2018-01-13 00:37:49

>>162

それはない(^^;

センスが何より大事。

174名無しさん@恐縮です2018-01-13 00:45:07

>>162

デジタル化が進めば官僚の仕事やサラリーマンの事務仕事なんて、パートのおばちゃんでも出来るようになる

177名無しさん@恐縮です2018-01-13 00:46:43

>>165

センス云々は監修する人の手腕だが、技術的にはできちゃうだろう

ベタ 効果線 トーンとかはツールがやってくれるし

背景モブは素材を買えばいい

171名無しさん@恐縮です2018-01-13 00:42:19

絵と話は全く違う才能だからなあ

映画監督的な構図も重要か

まあ冨樫やら尾田みたいな全て持ってる天才が異質なだけで凡人はもっと細分化したほうが良い

172名無しさん@恐縮です2018-01-13 00:43:05

>>171

冨樫はいろいろ欠けてるだろw

200名無しさん@恐縮です2018-01-13 01:02:06

>>171

映画にも言えるが、独りで全部作れたら世界観丸抱えで斬新な物が作れるだろ

携わる人の数が増えるほど作品は平凡になる

182名無しさん@恐縮です2018-01-13 00:48:26

>>172

冨樫に欠けてるのは長期週間連載に自分が飽きないって部分だな

3〜10巻位の短〜中編なら喜んで描きそう

一人で話、キャラ、作画やって漫画作品作れるって部分は完全に天才

186名無しさん@恐縮です2018-01-13 00:53:35

>>174

そんな事は俺の子供の頃から言われ続けて25年くらい経つ様な気もするんだけど

パートのオバちゃんみたいな人が官庁や上場企業の上の方に出入りして仕事を任せられる光景って未だに見ないんだよなぁ

197名無しさん@恐縮です2018-01-13 01:00:55

>>177

ベタ、トーンはいいが効果線や背景は人力でやらないと味が出ないと思う

音楽でいったら打ち込みより生楽器の方がノリが出るみたいな

178名無しさん@恐縮です2018-01-13 00:46:44

原作の才能あって、漫画書けないなら普通小説家になりそうなもんだが

188名無しさん@恐縮です2018-01-13 00:55:43

>>178

小説家には文才が必要だが

漫画原作はアイディアと勢いだけで文才がいらない

アクションや描写は心理作画に投げるしか出来ないので

響くセリフを思いついたもん勝ち

187名無しさん@恐縮です2018-01-13 00:54:14

>>182

天才なのは間違いないけど、いろいろ欠けてるから実質週刊連載できないし

作画もスカスカじゃん

あと、一人で話、キャラ、作画やって漫画作品作れるって漫画家なら当たり前やんけw

189名無しさん@恐縮です2018-01-13 00:55:50

>>182

レベルEは良く出来てたな

手塚みたいに短編を量産したほうがいいな

岩明均も

194名無しさん@恐縮です2018-01-13 00:58:21

>>187

冨樫には今のジャンプ連載陣の凡人が束になっても敵わないから仕方ない

冨樫に対抗する才能と言えば、せいぜいワンパンマンの原作の方を月一ペースで呼び込むくらいしかないやろな

198名無しさん@恐縮です2018-01-13 01:01:01

>>187

両立できてるのは一部の天才だけ、分業化賛成ってのが多いけど

実際今の漫画一人でやってるのが大半なんだからみんなすげえよ

絵で20点でも80点のシナリオのやつもいれば逆もいて

それはそれで個性になってて面白いし

205名無しさん@恐縮です2018-01-13 01:03:50

>>187

幽白もハンタも10巻位までなら週間に耐えてるんだよ

作画も飽きてない内は書き込み出来る

あと、天才っていってるのは話、キャラ、作画の3つが全て揃ってハイレベルで作品作れるってことで

出来るだけならそりゃ個人名義のプロなら全員出来るわな

191名無しさん@恐縮です2018-01-13 00:57:43

>>189

岩明均は原作もやってるね

レイリ面白いわ

199名無しさん@恐縮です2018-01-13 01:01:56

>>191

レイリか…

見たけど、岩明らしくはないよね。

今の子供向けにリライトしてる感じ

まあ、ゆとり世代が雪の峠とか見てもハァ?意味わかんね

とか言いそうだしな

202名無しさん@恐縮です2018-01-13 01:02:47

>>194

いや、本当に、最初に接点持ててたんだから、何をしてでもONEを本誌に引きずり込んで

ワンパンマンでもモブサイコでもジャンプでやるべきだったな

ONEも間違いなく天才だから、冨樫の後継者にも尾田の対抗馬にもなれただろうに

206名無しさん@恐縮です2018-01-13 01:04:07

>>200

同意ですわ

211名無しさん@恐縮です2018-01-13 01:08:14

>>202

対抗馬と言うかジャンル違うよね。

尾田は集英社のメディアミックス稼ぎ頭でアイドルみたいなもんだよ

中身はスカスカだけど、延々と引き伸ばしてるだけ

例え、ONE原作がついて2作ぐらい終わったとしてもまだワンピースは佳境にすらいってない気がするわ

214名無しさん@恐縮です2018-01-13 01:11:02

>>202

キン肉マンもワンパンマンもタダで見れるんだから皮肉だよな

一番面白い漫画がタダで見れて、ツマラン漫画を金出して読む笑

そら売り上げ減るわ

215名無しさん@恐縮です2018-01-13 01:12:02

>>211

現状ワンピしか看板がないからなぁ

ヒロアカ超失速したし、育ってるけど石と鬼じゃ厳しい

212名無しさん@恐縮です2018-01-13 01:10:12

アメコミレベルの分業で最高の作品を作ってもらいたいね

233名無しさん@恐縮です2018-01-13 01:33:52

アメリカでは分業制が一般的

例えば、これは「X-MEN」と「キャプテンアメリカ」の例

画面下にメンバーとその役割が書かれている

PLOT

PENCILS, PENCILER

INKER

COLORING, COLORIST

FINISHES

SCRIPT

LETTERING, LETTERER

EDITOR

EDITOR IN CHIEF

などの様々な分業メンバーが同列に記載されており、

日本のように著者と原作者だけで、アシスタントはせいぜいコミックが

出版されてから巻末で紹介されるだけっということはない

242名無しさん@恐縮です2018-01-13 01:56:12

>>233

まぁ漫画家としてはこっちのほうが作業としては理想的なんだろうが

しかしアメコミは長期化したシリーズは

大概関わった脚本家の意思が統一されてないので

途中で設定が破綻する

おまけに問題なのはそのことに責任を持つべき人間が居ない